メニュー
  
産業保健師会
  
給料はいくら?
  
志望動機の例
  
面接のポイント
  
ナースフル産業保健師求人
  
ハローワーク産業保健師求人
  
           
 
   

企業を影から支援する、産業保健師の仕事とは

保健師の仕事は、「予防」に重点を置いて健康管理を行うことです。健康管理には、健康の維持はもちろん、発病の予防、病気や怪我の悪化防止などがあります。最近は個人に対する健康管理だけではなく、組織的に「予防」の考えを働かせることも行っています。中でも、産業保健師の仕事は、東道安全衛生法の労働衛生活動や保健指導にもとづき、勤労者と企業を支援するという視点で行っています。産業保健師の仕事の一例を見てみましょう。例えば、社員が健康を損なう環境で働いていないかを監視したり、企業の健康診断結果をもとに、労働で不具合が起きるかどうかを産業医と考えています。また、過重労働を防止する目的から、企業の現状にあった対応を支援したり、労務厚生費を効果的に運用できる提案を行ったりもしています。さらに、日々の関わりとして、企業の相談室や保健室に在籍し、従業員からの健康相談や業務に関する相談を受けています。このように、産業保健師の仕事は、企業で働く従業員が、健康に勤務できるように、影から支援する役割を担っているのです。企業ナース 求人で色々と条件をみてみましょう!

保健師の一種「産業保健師」の特徴と服装について

保健師の一種である「産業保健師」は、企業の従業員の健康管理を行う保健師です。ストレス社会と言われている日本において、産業保健師の役割は大変重要です。従業員の健康管理を一挙に担い、従業員全員が健康で生き生きと働けるようにするのが、産業保健師の大きな役割です。また、産業保健師はあくまで企業の従業員の一員であるため、所属している企業に応じた服装で勤務しています。これは、他の保健師にはない大きな特徴です。例えば、工場に勤務している保健師の服装は、作業着と安全靴です。これは前述の通り、産業保健師が企業の従業員の一員であることを意味します。もちろん、どんな職場でも保健師として「清潔感」は欠かしてはなりません。華美な服装やアクセサリーなどは言語道断、あくまで自分は従業員の一員であるという自覚を持って勤務することが大切です。また、雇用形態に関しては、「非正規雇用」の割合が多く、大企業でも派遣や非常勤として働いている人が少なくありません。

産業保健師の研修やセミナーは全国で無料で開催されています

産業保健師は、民間の企業に勤める保健師のことで、大手企業では健康保険組合があるのでこの組合には必ずいます。また、企業の保険センターや医務室でも産業保健師は必要とされていて、多くの会社で様々な勤務形態で働いている保健師がいます。他にも、学校に勤務している学校保健師は養護学級などで見かけることが出来ます。産業保健師をはじめとした、産業医や産業看護職、衛生管理者などの産業保健スタッフ、事業主、人事や労務担当者などを対象としている産業保健に関する研修やセミナーは全国各地で無料で行われています。研修とセミナーのテーマには、職場のメンタルヘルスと基本的なセルフケアと、事業所における新型インフルエンザ対策、過重労働防止のための留意事項 、建設業におけるアスベスト対策、派遣と請負労働者の健康管理 、職場における腰痛対策 、作業環境管理の進め方 、労働衛生法規及び労働衛生行政の動向などがあります。これらのセミナーは、産業保健総合支援センターなどが開催しています。

産業保健師になるためにはどんな資格が必要か

産業保健師は、民間企業に勤める保健師の事です。産業保健師になるための特別な資格は必要なく、保健師又は看護師を取得して民間企業に採用される事で、産業保健師として働く事ができます。産業保健師は病院等と異なり、民間企業に勤めるサラリーマンと勤務形態がほぼ同じで、土日祝が休日になり夜勤などがなく、日勤のみが多いです。また高収入も得られます。仕事の内容としては、企業で働く人の心身のケアに関わり災害や事故によるケガの手当てなど、労働者が100%能力を発揮出来る環境作りにたずさわる事ができるので、とても重要な仕事で、かつやりがいを感じて仕事をしている保健師が多いです。まずは保健師や看護師の資格を取得する事からがスタートになるので、専門の学校などに通い国家試験に合格する必要があります。また、保健師合格者は都道府県の申請のみで第一種衛生管理者も得る事が出来るので、その資格も併せて取得しておくと就職活動を有利に進める事が出来ます。

Copyright (C) 2015 産業保健師についてのまとめ All rights reserved.
ページランクを上げる方法マンション売却 東灘区SEOペット保険わきが手術